マンション住宅の不動産としての価値

住宅は不動産の代表格であるといえますが、その価値についてはどのような構造で建てられているかとか、築年数はどのくらいであるかとか、土地に対する利用権はどのようなものかなどによって違ってきます。まず,わが国では住宅は木造により建てられていることが多いですが、木造であれば老朽化が早いことはいうまでもないことであり、よほどの高級木材を用いられたものでない限り、建てられたあとはどんどん価値が落ちていくこととなり、30年も経てばほとんど無価値になってしまうのが実情です。これに対し,鉄筋コンクリート造の家であれば、老朽化が進むのが比較的遅いことから、建築代金相当額の価値から下落していくスピードは遅くなるものといえます。次に築年数の点ですが、これまでの説明とも重なるところですが、,築年数がそれほど経っていなければいないほど建物の価値は高いということができます。

九州リアルティ・アソシエイツでは福岡での不動産投資をサポートしています。 670 6/4

マンション住宅の不動産としての価値 | 住宅メンテナンス | 利用権 | 定期賃貸借 | Site Map

Copyright ©All rights reserved.マンション住宅の不動産としての価値.